読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シーズン11使用構築】 ヤミカバラッキー構築 【最高2113】

初めまして、セルカークと申します。

 

シーズン11お疲れ様でした。シーズン8からレートに真面目に潜り始めて、シーズン11にして自身初となるレート2100を達成したので、使用した構築の並びと詳細について公開しようと思います。

 

【使用構築】

使用構築は以下の2つです。

f:id:iroha-6954:20150916132117p:plainf:id:iroha-6954:20150916135736p:plain

2100を達成した時は左を、最終日で最高レートを更新した時は右の構築を使用してました。

今回の構築は紫苑さんのカバラッキー式サイクルバーンを参考にさせていただきました。

亡霊たちの集会所 カバラッキー式サイクルバーン

基本の軸となる部分はそのままで取り巻きを自分好みに試行錯誤してみました。

 

【構築の経緯】

シングル厨で活躍された紫苑さんのカバラッキーを見て、自分も使ってみたいと思ったのがきっかけで、カバルドン、ラッキー、ヤミラミの3体から構築をスタート。この3体との相性保管から、フェアリーの一貫を切りマリルリにも強めなナットレイサーナイトクチートジャローダを誤魔化せるファイアロー、裏選出のメガ枠としてドラゴンや炎、電気に強く裏とも相性の良いメガチルタリスで試してみたが、決定力にかけ上手く回すことができませんでした。そこで裏選出はどちらかと言えば、苦手なポケモンを対面思考で誤魔化す方向に考え方をシフトしていきました。大抵のフェアリーに対面で有利かつ汎用性の高いメガガルーラ、フェアリーや水に強くオニゴーリやピクシーにも弱くないジバコイルギルガルドやクチ―トなどの鋼やゲンガーを誤魔化せるウルガモスという順番で採用していきました。2つ目の構築はボーマンダに薄く地面の一貫がきになったために、、ウルガモスをヒートロトムに変更し、それに伴い、またフェアリーはそれほど重く感じなかったのでジバコイルをサイクルにも組み込みやすく、上から麻痺を入れれて、最悪ピクシーをTODに持ち込めるジャローダを採用しました。

 

【個別解説】

f:id:iroha-6954:20150916154625g:plain

カバルドンゴツゴツメット

腕白 215(252)-133(4)-187(252)-*-92-67

地震/氷の牙/怠ける/吹き飛ばし

 

構築の軸の1体。非常に優秀な物理受けで、不意の特殊技がない限りは安定感がありました。砂の定数ダメージも相手を削るために非常に優秀だった。

技構成はメインウェポンとなる地震と物理受けとしての機能を果たすための怠けるまでは確定。ガブリアスの遂行速度を速めたかったので、氷の牙。吹き飛ばしは今シーズン多かったバトン構築や対面から積んで突破しようとするガルガブに対抗するため採用しました。しかし、欠伸や毒々も欲しくなったので検討の余地があるかもしれないです。

 

 

f:id:iroha-6954:20150916164504g:plain

ラッキー@進化の輝石

図太い 331(44)-*-62(252)-*-152(212)-70

地球投げ/電磁波/威張る/卵産み

 

構築の軸の1体。言わずと知れた特殊受け。Hに少し振ったのはゲッコウガにも安定して後投げしたいため。

技構成は自分ではテンプレだと思っているこの4つ。ニンフィアスイクンボルトロスには積極的に威張っていく偉そうな子。

 

 

f:id:iroha-6954:20150916165854g:plain

ヤミラミヤミラミナイト

腕白 157(252)-105-193(244)-*-137(12)-40

イカサマ/不意打ち/鬼火/自己再生

 

構築の軸の1体。環境トップにいた多くの物理アタッカーに強いメガヤミラミカバルドングロウパンチや冷ビで突破してこようとするガルーラが多く、ヤミラミカバルドンでほぼ全てのガルーラを封殺できました。従来のヤミラミの技が瞑想バークアウトであったのに対し、イカサマ不意打ちにすることで遂行速度を速めることができて、冷パンや冷ビの試行回数を減らすことに繋がるので非常に優秀でした。

普段なら不利を取るリザードンXやファイアローにもイカサマで対抗できるのでこの技は有効だったと思います。鬼火読みでリザードンがよく後出しされるので、それに合わせてイカサマできれば、ダメージの入り方である程度XかYを判断できる良い指標にもなりました。不意打ちは削れたボルトロスやゲンガーを何体も仕留めたので、便利な技であると確信しました。不意打ちがあることで、物理ギルガルドにも優位に立ちまわれました。

またこのポケモンは受けまわす上でメガ進化のタイミングが非常に重要であると使ってみて改めて感じました。ヤミラミを切っているパーティも少なくなく、刺さっている構築にはめっぽう強い印象を受けました。

鬼火と自己再生は言わずもがな、イカサマと不意打ちも上述したように使い勝手がよく技構成はこれで完成されているように思いました。

 

 

f:id:iroha-6954:20150916172638g:plain

ガルーラガルーラナイト

陽気 181(4)-176(244)-101(4)-*-101(4)-167(252)

猫騙し/捨て身タックル/冷凍パンチ/地震

 

裏選出のメガ枠。この構築で重いサーナイトヒードランマリルリマンムー等々を倒すために入れました。最速なのは、ウルガモスリザードン、メガ前ボーマンダと同速勝負に持ち込めるため。このポケモンで崩して裏で詰めるみたいな動きもしてました。ヤミラミがいるため、物理受けが出てこなかったりして、簡単に崩せる試合も少なくなかったです。オニゴーリにも強く、やはり最強のメガだと思いました。 

 

f:id:iroha-6954:20150916175346g:plain

ジバコイル@イバンの実

控え目 145-*-135-200(252)-111(4)-112(252)

10万ボルト/ラスターカノン/目覚めるパワー(氷)/電磁波

 

頑丈によって対面性能は確保できていて、対面ならイバンによって先制技を持ってないポケモンには強かったです。タイプが非常に優秀で、フェアリーや水にも刺していけて、オニゴーリにも絶対零度が効かないので多少は抗うことができます。

技構成は10万ボルトとラスターカノンは確定で、今回は対面でガブリアスボーマンダ等のドラゴンを意識して目覚めるパワー氷、電磁波はボルトチェンジと迷ったのですが、頑丈とイバンで最低限の仕事ができるので腐ることは少なかったです。

 

 

f:id:iroha-6954:20150916232754g:plain

ウルガモス@ラムの実

穏やか 191(244)-*-86(4)-156(4)-154(116)-138(140)

火炎放射/鬼火/蝶の舞/羽休め

 

かなり変てこなウルガモス。軸の3体で穴になりがちな相手のジャローダやゲンガー、ギルガルド等やポリクチの並びに強く出れる。ファイアローじゃないのは電気に弱くないため。ラッキーを必要としない場合は、こちらを特殊の誤魔化しとして選出することもありました。

調整はSを蝶舞1積みで最速135属抜きで、総合耐久を伸ばすためにHにほぼ最大限まで振り、残りをDに振った。メガルカリオの悪巧み気合玉と真空波と砂ダメを耐えた時は驚きました。

技構成は、アイデンティティーである蝶の舞とサイクル戦に有効な羽休めを採用。最初は範囲を考えて、鋼やゲンガーへの打点となる火炎放射とスイクンやウォッシュロトムにも打点が持て、身代わりも貫通できる虫のさざめきにしていましたが、サイクル中に後出ししてくるマリルリカイリューガブリアスギャラドスに刺さる鬼火に途中で変更しました。剣の舞をしたクチ―トにも鬼火が安定行動となり、クチ―トと良く一緒にいる空元気のないポリゴン2や挑発のないブルンゲルも起点にできるため、対策になりえたと思います。一度自己暗示サイコショックポリゴン2に当たって泣きそうになりました()また受けループ対策とまではいかないにしても、回復技のあるウルガモスヤミラミで比較的に有利なサイクルを回せました。(対受けループはメガゲンガーの被選出率が100%だったのでゲンガーを削ればTOD勝ちが多かった。)

 

----------------------------------------------------------------

 

f:id:iroha-6954:20150917031630g:plain

ヒートロトム@オボンの実

穏やか 157(252)-*-127-127(12)-165(180)-114(60)

10万ボルト/目覚めるパワー(氷)/鬼火/電磁波

 

ウルガモスからの変更枠。ファイアローボーマンダマンムー等に強くするためと、地面の一貫を切ることができるので採用。持ち物は食べ残しでも良かったが、後述のジャローダと被ったために、オボンの実にしました。オボンのおかげで耐えた試合もあったので一長一短だと思いました。

調整は、Sは凍える風スイクンやチョッキマンムーを抜かせそうな114にして、残りはほぼHDにぶっぱしました。

採用理由からHDファイアローに居座って電気技を打ちたいのでメインウェポンの10万ボルトと身代わり羽ボーマンダに打点が持てる目覚めるパワー氷は確定。ゲンガーやジャローダボーマンダを誤魔化せる電磁波、クチ―トやマンムーガブリアスに対する鬼火の4つで広く見れていたのでオーバーヒートが欲しいとは思いませんでした。

 

 

f:id:iroha-6954:20150917214832g:plain

ジャローダ@食べ残し

臆病 177(212)-*-115-100(36)-116(4)-181(252)

リーフストーム/蛇睨み/宿木の種/身代わり

 

ジバコイルからの変更枠。マリルリスイクンに強く、元のSが高いためメガ前のゲンガーやガブリアスに麻痺を入れてもらうことができるので採用。麻痺を入れることができれば、カバルドンヤミラミが上から受けることができるようになったり、ガルーラを通しやすくなるので麻痺は構築に合っていると思いました。また身代わり宿木にすることでガルーラを受けに来る物理受けを起点にできたり、ピクシーにTODをすることができたり、サイクルを楽にすることができたので、この選択は良かったと思いました。

調整はどこかのブログのパクリですが、どこのだったか忘れました;;(すみません)

H:16n+1,C:リフストで185-80マンムーを一発,B<D,S:最速

 

----------------------------------------------------------------

【総括】

基本選出はヤミラミ+カバルドン+ラッキーで、ガルガブ軸や受けまわせそうなら基本的にこれでいきます。ジャローダがいる場合はラッキーを炎枠に。

この3体で厳しい、マリルリエンテイヒードランマンムーオニゴーリ、ピクシー等にはガルーラ@2のような裏選出をしていきます。

特にマリルリや鉢巻エンテイバシャーモボーマンダが重かったです。ガブリアスも鉢巻だと上手く回さないと半壊します。

軸がしっかりしているので基本選出ができたときは安定して強かったですが、取り巻きはまだまだ煮詰めたりないと自分でも思っているので、考えていきたいとは思っていますが、シーズン12から過去作が解禁された影響もあって動き辛くなってしまうしまうのは否めないので、構築難易度が上がり厳しくなるでのが苦しいところです。

 

【最後に】

来シーズンは過去作が解禁されることもあって盛り上がっているので楽しみですね。新しい構築を考えて頑張れるか楽しみです。

簡潔にではありましたが、最後まで閲覧して頂きありがとうございました!

なにかご意見ご質問等がございましたらコメント又は@までお願いします。


最後に最高レート画像

f:id:iroha-6954:20150917234021j:plain